You are here:  / Artwork / Blog / 習作・三日月宗近を描いていく行程5

習作・三日月宗近を描いていく行程5


習作・三日月宗近を描いていく行程5。

※使用ソフトはCLIP STUDIO PAINT EXです。
※基本操作の説明は省いていますので、わからないことは公式サイトかGoogle先生に聞いてねん。

今日はわてくしの苦手な髪を塗っていきます。
なんの参考にもならないこと請け合いw

こんな感じになります。

この状態から始めます。

(図1)

影1-筆ツールでザクザク影を入れます。きれいじゃなくても気にしない。
(新規ラスターレイヤー+クリッピング+レイヤーモード『乗算』)

はみ出しちゃったもしくは意図してないところまで色がのってしまった。
そうゆう時は色混ぜツールの『指先』です。消しゴムツールよりも微調整が効くので好きです。

最初に『指先』を置いたところの色が伸びます。
(図1)ではみ出てしまったところを削って、足りないところを埋めて修正しました。(図2)↓

(図2)

混色ツールの『指先』の他に『ぼかし』と消しゴムツールも使いながら弱いエッジと強いエッジを使い分けていきます。

影1完成。

明るい-今回は習作なので、普段と違うことをすることにしました。
明るい部分を筆で加筆して1段階増やします。
(新規ラスターレイヤー+クリッピング+レイヤーモード『加算』42%)

光の方向-全体的に光の当たる部分に大きく明るい部分を追加しました。
(新規ラスターレイヤー+クリッピング+レイヤーモード『加算』55%)

天使の輪-最後に天使の輪なる髪の光沢をつけました。
(新規ラスターレイヤー+クリッピング+レイヤーモード『加算(発光)』36%)

髪の仕上げをします。

後毛・ライン-髪と同じ色とホワイトの2色を使って後れ毛(?)を描きたします。
ホワイトはそのままだときついので不透明度を57%にしました。
きれいな線が弾きたかったので、ベジェ曲線を使いました。
よってレイヤーはベクターレイヤーです。
後毛-(新規ベクターレイヤー+レイヤーモード『通常』)
ライン-(新規ベクターレイヤー+レイヤーモード『通常』57%)

透明感のあるツヤツヤな感じになりました。
が、
あまり成功感を感じてない私がいる……
ぼんやりしてるなぁ的な。

今回作成したレイヤーは以下の通りです。

*****************************

次回は仕上げまでできたらいいなぁ。( ゚д゚)ノシ サラダバー

保存保存


アーカイブ

2017年6月
« 4月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。