You are here:  / Blog / I Love Cats! / ももちゃん元気になりました(///∇//)

ももちゃん元気になりました(///∇//)


便秘でとっても苦しそうだったももちゃん。
一度病院に連れて行って点滴と浣腸をしてもらって内服薬をもらって帰ってきたけど、1日様子を見ても改善の兆しが現れず。
相変わらずトイレを往復してかんばるものの、嘔吐を繰り返す(T ^ T)
発熱はないけど、食欲もなく水分もとらない。与えた薬も吐き戻してしまうから意味がない。
再び病院へ駆け込みレントゲンを撮ってもらうと予想どうり出口付近で詰まって肥大したウンウンが写っていた。これでは骨盤を通らない。写真を見たときには医者の説明などいらなかった。これは素人目に見てもとんでもないことになっている。
人間の重篤な便秘患者のレントゲンを見たことがありますが、腸の形がくっきりと確認できるんですね。
うん◯の腸詰状態です。これは苦しい!
人間よりもはるかに小さい体で30センチほどの大腸の形にもりもり詰まっておりました。かわいそうに……

まずは出口付近で凝り固まったウンウンを掻き出さないことには何も始まりません。父と私がももさんの体を固定して先生の作業が少しでもスムーズに、そしてももさんが早く楽になれるように三人がかりで作業をしました。
詰まってたものはとても硬かったみたいで先生も苦心しておりました。
──が、掘り進んでいくうちにウンウンがだいぶ柔らかくなってきたのがわかりました。
「あ、だいぶ柔らかくなってきましたねぇ」とつぶやく私。
「そろそろ良さそうですね」と先生。
そしてトドメに再び浣腸。やはり前回よりはスムーズに薬液が入って行きました。
軽く衰弱していたので点滴も再び。

帰ってきたときにはももさんぐったりしてましたが、次の日の朝にはなんだかすごいものがトイレの砂の中にごろんと転がっていました。
驚く母に「ええ、こんなのをあと3、4回出していただかねばなりません」とわたくし説明しました。

当然お尻が痛いでしょうから、なにか少しでも楽にしてあげようと事前に先生に確認してOKしてもらってたオロナインを脱脂綿に染み込ませてお尻を拭きました。かるーい殺菌作用があるので炎症を抑えてくれます。

病院から帰ってきてから三日目、出すべきものは全部出切ったようで、今度は内服薬の影響で超軟便が始まりました。嘔吐と軟便と、ここのところ床掃除ばかりしている私。
現在、内服薬の量を調節して様子見をしています。

でも、すごく元気が出てきてご飯の催促もうるさいし、かまってちょうだい攻撃もはじまり、家族の誰かしらが突然のくしゃみをしたりするといつもどおりに「うにゃにゃにゃーん」と文句を言うようになりました。

よかったよかった。うるさいくらいがちょうどいいのよあなたたちは(///∇//)
床もきれいになったわ。

IMG_3133


アーカイブ

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。