You are here:  / Artwork / Blog / CLIP STUDIO PAINTで素材を作る〜パターン編

CLIP STUDIO PAINTで素材を作る〜パターン編


CLIP STUDIO PAINTで素材を作っていつでも使えるように素材として登録します。
自分用の覚え書きにメモメモ……

雰囲気のあるコラージュ用紙があったのでスキャナーで取り込んで、タイル状に並べられるシームレス素材にします。こんな感じです↓

【ファイル】~【新規】でちょっと大きめの作業スペースを用意します。


【ファイル】~【読み込み】~【スキャン】を開きます。

 

※上画面はスキャナーを使う場合。普通に画像を読み込むこともできます(下画面)

そしてスキャナーの画面。
主にテクスチャーとして使うのでグレースケールで読み込みます。この際コントラストを強めに補正しました。
(※下画面は別の素材の画像です。保存し忘れたので……)

画像の編集作業がしやすいように【表示】~【グリッド】と【ルーラー】を表示しておきます。方眼紙みたいになるので正確な位置決めがしやすくなります。

このままだと編集できないので、【レイヤー】~【ラスタライズ】を選ぶと編集が可能になりました。
※カラー画像を使う場合はここで【レイヤー】~【色調補正レイヤー】で2値化して【レイヤープロパティパレット】で闘値を調整して適当なコントラストを作ります。
【色調補正レイヤー】を【下のレイヤーと統合】してグレースケールに変換しておきます。

タイル状に並べた時に継ぎ目がないように画像を加工します。画面の端っこ定規になっているところからカーソルをドラッグすると【ガイド】というラインが引けます。
これを目安に使いたい部分を切り取ります。


【ガイド】を頼りにして選択範囲を決めて不要な部分を消去します。
上下左右対称の画像ができましたので、これをタイル状に並べると継ぎ目のない綺麗なパターンになります。
(※別の素材の画像でごめんなさい)

【レイヤープロパティ】で表現色を変更するアイコンを黒のみ表示するにします。
これで黒以外の部分がなくなり下の用紙が透けて見えるようになります。
(※わかりやすいように下地の用紙の色を変えています)

【編集】~【画像を素材として登録】を選びます。
この時余計なレイヤーは非表示にしておくと必要な画像だけが登録されます。

素材を登録するための【素材のプロパティ】ダイアログが表示されました。
ここで素材を格納しておく保存先と検索するときに必要になるタグを決めて、【用紙テクスチャとして使用】【拡大縮小】【タイリング】のボックスにチェックをいれます。
それが終わったら【OK】します。

【パレットドック】~【素材パレット】を開くと指定したところに登録した画像が格納されています。
画像を直接使いたいところにドラッグドロップしても、チェックボックスにチェックを入れて下のアイコンを押しても配置できます。

綺麗にタイル状に並びました。
※この時点で色が付けてありますが……黒で登録しているので本当は黒い画像で表示されます。

【オブジェクトツール】で拡大縮小ができます。【レイヤープロパティパレット】から【レイヤーカラー】で色が変えられます。

パターン編の作業は以上です。


──とまあ、覚書のつもりでしたが、手順が悪すぎてえらく見づらい覚え書きになってしまいました。
忘れた頃に見返して自分で理解できるか謎です。

明日は『ブラシ編』です。


 

CLIP STUDIO PAINT PRO/セルシス
¥9,180
Amazon.co.jp

 

あなたもイラスト&マンガが描ける CLIP STUDIO PAINT PRO公式ガイド/アスキー・メディアワークス
¥2,138
Amazon.co.jp

アーカイブ

2014年11月
« 11月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。